トルマリンキャッアイにブラックダイヤモンドのメレーを添わせた一点ものK18ネックレス

先日製作写真をご紹介しましたトルマリンキャッツアイのネックレスの完成写真です。

トルマリンキャッツアイにブラックダイヤモンドのメレを添わせたネックレス
トルマリンキャッアイブラックダイヤメレネックレス

シンプルなデザインですが、ブラックのメレーを天地左右に添わせた大人っぽいデザインかと思います。

 

 

トルマリンキャッアイにブラックダイヤモンドを絵添えたk18ネックレス
トルマリンキャッアイネックレス

写真は難しいですね、キャッアイはハッキリ現れているのですが・・

Instagramにリールを投稿していますので、こちらだと実際の感じがよく分かって頂けるかと思います。

上の2枚は一眼レフで撮影したもので、下がiPhone撮影です。

意外とiPhoneの方が良いのでしょうか??

 

オンラインショップにも掲載しましたので、ぜひご覧いただければと思います。

 

トルマリンキャッツアイにメレーのブラックダイヤモンドを添わせたネックレスの製作写真です。

先日こちらのブログでご紹介させて頂いたトルマリンキャッツアイ のルースがこちら

大きさは1.98ct  サイズは8.3✖️5.2ミリ

K18製、メレーブラックダイヤモンドを4p天地左右に添わせたデザインのオリジナルデザイン、ネックレスを製作しました。

写真で見えているように、小さな傷、インクルージョンがありますが、伏せ込み枠でだいたい隠れています、

キャッツアイがはっきり現れていてとても綺麗な石かと思います。

 

製作写真を少し。

トルマリンとブラックメレーダイヤの石枠
トルマリンとメレーダイヤ石枠

トルマリンは片側が少し窄んでいる変形のオーバルです。石の底も平らではなかったので、

綺麗なオーバルとは違い時間をかけての石枠作りでした。

 

石枠同士をロウ付け
トルマリン石枠にダイヤの石枠をロウ付け

天地左右にロウ付けしましたが、やはりここでも変形石ならではの難しさがありました。

完全な中心というよりも、見た目の判断の方がバランスが良いのかと思います。

石留めの作業
伏せ込み、3本爪の石留め

キャツアイの石の場合タテに配置したデザインが多いかと思いますが、

こちらのデザインは横向きのデザインです。

メレダイヤの爪の所に丸カンをロウ付けしてチェーンを通し、チェーンは外せない仕様にしました。

 

次回完成写真をアップいたしますが、今回のトルマリンの深い青緑の色にブラックダイヤモンドがとても合っていると思います。色の相性は良くても、色の範囲も大事で、今回も小さなブラックなので、バランスが良く、

引き寄せ合っている石、という感じがします。

 

次回の完成写真をお楽しみに。

スターサファイアの18金ネックレスの製作写真

先日ご紹介させて頂いたオーダーメイドでお受けしておりますスターサファイアのネックレスデザイン、

こちらの製作に取り掛かっていました。今回は工程ごとに取り忘れる事なく写真撮りました!

 

まずは地金を溶かして角棒にしたところです。純金75%に対して銀と銅が25%銀と銅の割合を5:5のイエローです。

サファイアの石枠は伏せ込み枠です、外側の枠と支える内側の板が必要です。まず外側の枠、石の外径にピッタリ合わせて板を丸めて隙間なく、ロウ付けして形を整え・・

内側の枠は支えの板になるので外側の枠より少し厚めの板にします。こちらも外側の枠の中にピッタリ嵌まるように、

合わせてロウ付けして石を乗せた状態、と外側に一巻きする板になります。

一巻きする板に彫金を施しました。ロウ付けしてからでは石枠にタガネが当たってしまうので、この段階で彫金しておきます。

そして石枠にロウ付けしました。

チェーンは直付けになりますので丸カン、チェーンを繋げてロウつげ、これで全部のロウ付けが終わりました。

サファイアの厚みがあるのでチェーンに下げた時に石が前かがみにならないように、丸カンの位置を決めます、

個人的にはあまり丸カンが目立つのが好きではないので出来るだけ小さめで少し隠れるようにしています。丸カンを縦につけると目立たないのですが、今回は縦に付けると重心が後ろになってしまい、ペンダントが前に傾いてしまいますので横向きです。

綺麗に仕上げて石留めです。

石留めした後の傷取りなど仕上げをして完成です。

 

お渡し後、完成写真をアップさせて頂きます!

BTSのロゴにピンクダイヤモンドを入れたお客様オリジナルの一点物のペンダントに

新年あけましておめでとうございます。

昨年中はコロナ禍で色々ありましたが、たくさんの方に助けられ感謝を感じることの多い一年でもありました。

今年も一つ一つの事を大切に、誠意を持って取り組んでいきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて2022年最初のブログは、

昨年クリスマス頃にお渡ししましたオーダーメイド製作のペンダントをご紹介させていただきます。

とてもジュエリーがお好きなお客様でご結婚指輪の製作に始まりその後も折々に

オーダーメイド、リフォーム製作をご依頼いただいていますお客様です。

今回はお持ちのピンク、ホワイトのダイヤモンドのルースを使用してペンダントを!

というご依頼でした、デザインは当初考えられていたものから、変更しまして、

BTS のファンでいらっしゃるそうで、そのロゴをペンダントに出来ないか?

ということで、

こちらBTSのロゴです。

3点ほどデザイン簡単にデザイン画起こさせていただきました。

丸板の上にロゴを乗せたデザインになりました。

お持ちの石の大きさに合わせて実際のロゴより横幅がありますが、

正規のアクセサリーも少し横幅があるデザインもありましたので、

この形でOK

という事で製作しておりました。

完成しました写真です。

1センチほどの大きさですので、これ一つでも他のネックレスとの重ね付けも可愛いデザインになっています。

ピンクダイヤモンドはペアシェイプの形でこの一つがポイントになってとても素敵ですね!

とても気に入って頂き、安心しました^^

 

N 様 いつも本当にありがとうございますm(_ _)m

3個のマベパールを一つのネックレスへ。。

お店のオープン当初からたくさんのジュエリーを作らせて頂いていて、ジュエリーがとてもお好きで、詳しく、こちらが勉強させていただく知識もお持ちのお客様、今回もそんなネックレスを作らせていただきました。

多きめのマベパール、イヤリング、ネックレスになっていた物ですが、その3個を一つのネックレスに!ということでした。

正確には、ネックレスに繋げる横に細長いチャームのような物で、

少しボリュームのある18金のネックレスチェーン、これも以前にご用意させて頂いたものですが、このチェーンの両端の金具を両方とも引き輪(丸い引っ掛ける方)にしてほしいとのことで、

今回作らせて頂いたものの両端を丸カンにして、引き輪で繋いでネックレスとして使用する!というものです。

こちらのチェーンは通常の物なので、左だけが引き輪です。

デザインはシンプルにパールの間に各3個メレーダイヤを。

ボリュームのあるペンダントトップにはチェーンもそれなりに太くないと合わないので、こんな風にお洋服に合わせてこの部分を取り替えて楽しまれるのは、とてもジュエリーの幅が広がりますね!

T 様 いつもありがとうございます!

 

JEWELRY Pure

札幌市中央区大通西16丁目3−6アーバンコート札幌406号

TEL 011ー615ー8837(ご予約制)

Mail  pure@extra.ocn.ne.jp

HP     https://j-pure.info

定休日 月曜、木曜