プラチナ立爪ダイヤモンドリングのリフォームで普段使いできるデザインに。

工房プラチナの立爪ダイヤモンドのリングをお持ちいただき、

ご両親様から、ご結婚されるお嬢さまへお作り直しをして贈られたい。とのことでした。

 

お持ち頂いた指輪がこちらです。 ダイヤは0,23ctのきれいなものです。

ご結婚指輪と重ねて使えて普段使いできるデザインへ!というご希望で、

いくつかデザインをご提案させていただきました。

 

完成しました指輪がこちらです。

ダイヤは覆輪留めで引っ掛かりのない石枠、リング腕は細めの緩やかなV字のカーブで優しい雰囲気です。

高さも抑えて、石枠にすき間を作り伏せ込み枠の少し重たいイメージをを和らげているかと。

 

ご結婚指輪との重ね着けも丁度良く。

華奢な可愛らしいお嬢さまにとてもお似合いになっていたかと。。

 

N様 この度はありがとうございました。

ご両親様のお気持ちのほんの少しお役にたてたのであれば幸いです。

立爪ダイヤモンドリングをペンダントへお作り直しさせていただきました。

札幌市譲り受けられたプラチナのダイヤモンドリングです、

大きさは0.27カラットの綺麗なダイヤモンドです。

こちらをネックレスにお作り直しをご希望でご来店いただき、

数点のデザインを描かせていただき制作に入っておりました。

 

完成したネックレスがこちらです。

石枠の周りの地金に彫金を施したデザインになりますが、

今回はダイヤモンドは覆輪留め、その天地左右にプラチナの丸珠をろう付け、

すき間を作りひと巻きした地金のに彫金を施しました。

ペンダントの場合指輪と違い立体感がないぶん、一つの方法としてすき間を作ることで一つ一つのパーツを明確にさせて変化を付ける、のも良いのかと。よりダイヤモンドを引き立たせているのかとも思います。

大切に使います。 というあたたかいお言葉をいただき嬉しい限りです。

O様 この度はありがとうございました!

唯一無二のダイヤモンドエンゲージリングは想いを込めて。。

譲り受けられたプラチナのダイヤモンドリングを彼女様の為にお作りなおしをご希望でご来店頂きました。

お持ち頂いた指輪がこちらの立爪リングです。

0,353カラットのとても綺麗なダイヤモンドです。

彼女さんにはサプライズ!ということでしたので、彼女さんの雰囲気が分かるお写真、お洋服、普段付けられている指輪などのお写真を見せて頂いたり、お打ち合わせをさせて頂きました。

起こさせて頂いたデザイン画がこちらになります。

六角形のデザインに決めて頂き、制作に入りました。

ダイヤは覆輪留め、その周りに六角形の板、この板に彫金を施したデザインです、

石枠をろう付けした後では、石枠が邪魔してタガネを倒せないのでろう付け前に彫金を施しました。

その下の支えの部分も板に合わせ六角形に。

パーツは多くはないですが、六角という形をいかに正確にシャープに作ることが求められる難しいつくりでした。

制作途中でデザインの変更をさせて頂きました。六角形の向きがデザイン画では天地に直線が入る向き、指輪に重なる部分に角がくる向きでしたが、この方向だと指輪と重なる角が目立たないので、六角の印象がうすれる?はっきり六角と分かる方が可愛いので、天地に角がくるように、ご了解いただき変更させていただきました。

出来上がりました指輪がこちらです。

デザインとしても石枠の下に窓があると可愛いですし、光りが入ることでダイヤモンドも綺麗に見えます。

自然光の下でもキレイなダイヤです。

オーダーメイドならではの世界で一つだけのダイヤモンドのエンゲージリングです、

彼氏さんの彼女さんに対する優しい想いを感じました。

サプライズということですので、驚きと、感激と。。

 

O様この度はありがとうございましたm(_ _)m