三角形のアメシストのペンダントトップを制作


お持ちのシルバーのアメシストのペンダントのお作り直しをご希望でご来店いただきました。

お持ちいただいた物がこちらです。

アメシストも6.55カラットありますので大きさはありますが、チェーンを通すバチカンが大きいので、小さく。石の向きを反対に着けられたいとのこと、

石枠の幅があり、もう少し華奢にならないか、ということでした。

 

制作写真です。

 

 

こちらのアメシストのカットはコーナーカット・トライアングルで

三角形の角を落としているので6角あり、

石枠を巻く最初の作業に時間を要します。

ほんの少し角がずれてしまってもバランスが悪くなってしまうので、

慎重に進めます。

こんな感じになりました。

今回覆輪留め(伏せ込み枠)なのでこの枠の内側にも支えとなる同じ形の枠を入れています、

その内側の枠は支えなので、厚めに三角形を巻いた後に角を落として外側の石枠にすき間なく入れてろう付けしました。

アメシスト自体の石の厚さがありますので、石枠幅を薄くすることはできないので、ご希望の華奢なイメージにする為に上写真のように石枠幅の下の2面にノコですき間を作りました。

ろう付け終了で、石留めし完成致しました。

完成写真になります。

石の向き、バチカンも小さくなりすっきりした印象になりました。

シンプルなものですが、ごまかしが効かない基本の作業が問われる作りで、

直線に左右対称のシンプルデザイン、難しいな〜と改めて。。

 

ご希望の感じになって、喜んで頂けたかと。。?

I 様  この度はありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA