プラチナの真珠の指輪をペンダントへ、制作写真。


譲り受けられたプラチナの真珠の指輪、

8.5㍉珠のとても綺麗な真珠です。おそらくアコヤ真珠ですね。

こちらをペンダントにリフォームご希望でご来店下さいました。

 

捻り梅、梅花に切り込みw入れて花びらを立体的に見せた形、

和菓子や、和食で人参などで見かける細工かと思いますが、

このデザインは日本のアンティークのジュエリーにも取り入れられていて、

真珠や、ダイヤモンドなどの石をこの形で囲むようなデザインです。

この捻り梅の感じでネックレスに!というご希望で制作に入っておりました。

 

お預かりのプラチナ地金を溶かし鍛造(叩いて、延ばして)で制作しました。

 

溶かした地金を必要な厚さまでローラーで延ばし、丸い形に切り出す作業から。

真珠が収まるように丸く丸く打ち出す作業を繰り返し・・

ここまで丸く打ち出しました。

切り込みを入れる位置を検討・・

切込みを入れた状態がこちら。

更に丸まった感じになるように切り込みを入れた花弁の方を倒し

花びらっぽくすじを入れて中心に穴を開けました、これはプラチナ芯を立てる為です。

この後、バチカンを付けて、真珠を入れて更に地金を倒し・・

 

完成しました。

お渡し後、完成写真をアップさせていただきます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA