ダイヤモンドのペンダントは取り巻きとミルグレインでゴージャスに!


プラチナのダイヤモンドの指輪をペンダントへリフォームされたいとのことで

ご来店頂きました。

メレーダイヤを中石に取り巻き、バチカン(チェーンを通す金具部分)にもダイヤを入れてゴージャスなペンダントになりました。

元の指輪がこちらで一つの方のダイヤを使用しています。

制作写真を少し

基本の石枠作りから、デザインに必要な地金とり・・

作ったパーツをロウ付けして組み立てて・・

石留め、ミルグレイン(地金の淵を丸く施す彫金)を施すのに必要な

毛彫タガネで淵を細く彫りミルを・・

 

ダイヤ取り巻きだけでゴージャスですが、厚みをつけることで

更に 宝飾品!と言う感じになります。

こういうデザインの場合、中心のダイヤの石枠はシンプルな覆輪留め(伏せ込み)がいいです。

一概には言えませんが、

爪留め、又は伏せ込みにミルを施すとせっかくの中心の綺麗なダイヤの存在が薄れてしまうかと思います。

お客様ご希望のゴージャスで素敵なペンダントになったかと。。

K様 この度はありがとうございましたm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA